「結婚」から考える当たり前の疑い方


こんにちは!三浦ありさです。
完全にプライベートな話ですが、8月は2週連続で友人の結婚式へ行ってきました♡
友人の幸せそうな姿とか、感動的な演出とか、圧倒的に幸せ空間なので
参列できることは本当に嬉しいんです。

式でもらったお花♡

ただ、今日はそういう楽しいよ〜幸せだよ〜ってことが書きたいわけではなく
「結婚」においてわたしがモヤっとしていることを書かせてください。笑

家に入るという考え方


まず、圧倒的にわたしがモヤっとしているのはこれなんです。
やっぱり周りを見ていても圧倒的に夫の名字になる人は多い。
もちろん、それが良い!という人もいると思いますし、好きな人と同じ名字を名乗りたい♡
という気持ちもケッコーわかります笑



でもそれに付随する手続きの圧倒的な面倒臭さや、お金がかかる点、
また、名字を変えて相手の家に入るという感覚に心がざわつくんですな。



シンプルに「家族が増える」という喜びはわかるんだけど
「家に入る」ってなんだろう?「嫁に行く」ってなんだ!?
みたいな。



ちなみに金融機関に勤めてお客さんに会っていると
これをすごく感じる瞬間がすごくありました。



結構な数の人が、自分の結婚した娘に対して
「あの子はお嫁に行って、もううちの家の人じゃないから良いのよ〜」
って言うんですよ!ホントに!
「別の家」という認識が強い人もいるんだなあとびっくりしたのを覚えてます。



「好きな人」と結婚するだけで「家」と結婚するわけじゃないと思うんですけどね(T . T)

感動するけど疑問だった花嫁の手紙


前提として上に書いたような思いが強かったわたしは
結婚式でよくあるあの演出にも実は疑問を持っていました。



そう、それが「花嫁の手紙」



あ、まず言っておきますが、かなりの確率でウルウルします笑
そりゃあここまで育ててくれた両親だもんね・・・その歴史を想って
こちらまでウルっとしますよホント。



でも同時にと思うことがあって



なんで花嫁だけが親に感謝を伝えるのだろう??
と・・・。



その時に、ふと、「女の子はこの先、違う家に入るから」
なのかな?と思えてきてしまったんですよね。
だからここで元の家にお礼を述べるのかな?って。



そんな時に便利なインターネット笑
調べてみると、「花嫁の手紙」という演出自体は20年くらい前から生まれたもので、
花束を渡すまでの「間」を埋めるために録音した音声を流したり、
他の人が代読したのが始まりだそうです。

どうやら母世代はやっていないということで、わたしの考えは事実とは違ったようです。



でも今の所、新郎が読んでいるパターンは見たことがないので
(そのあとにスピーチがあるからかもしれませんが)
こういう風に捉えられる演出だなあとも思うのです。

無意識だとしても決めている


そのほかにも、最後に新郎の父親が挨拶をすることや
(新婦の父はしない)
必ず名前を呼ばれるときは、新郎→新婦の順番であること、などなど
まあ気にしすぎと言われればそれまでなのかもしれないけど



「無意識に決断が行われていること」が多いことには気づいた方が良いと思うんです。



というのもやはり私たちは「こうありたい」という現実を選んでいるから。
無意識だとしてもそれを選んでいるんですよね。

昔はクリスマスケーキだった


とはいえ、もちろん考え方ってだんだん良い方向に変わっていると思っています。



よく母が
「昔はね〜女は25歳になったら、クリスマスケーキって言われたんだから」
と言ってまして笑



つまり、25日のクリスマスケーキ=売れ残り
という意味らしいです・・・!なんてこと!!!
こんな酷い比喩表現があるのだろうか!?と思う・・・( ^∀^)
今はもちろんこんなことも言われないですし、この、「選ばれる」
っていう考えもだいぶ無くなってると思うんです。
(みんな選んで結婚したんだよ〜)



だって女性こそ、自分で自分の人生を選んで輝いていた方が絶対社会が輝くよ!
と思うもん!

最後に


なので、結婚を悲観したくてこの記事を書いたということでは全くなく
「当たり前」の中にこそ、疑ってみても良いことがたくさんあると思ったんです。
当たり前の結婚式、当たり前の結婚観
でもその当たり前って本当に自分にとって当たり前なのかな?って。



変な話、「自分が望む人生を送る」ためには
「世間一般の当たり前」から外れることだってあります。



例えば、個人で働こうとチャレンジするということも
大人になってから、自分が本当にやりたいことに飛び込んでみるということも
当たり前ではないのかもしれない、と思う時もある。



でも、もし、そのほうが自分らしくいられるなら、
やってみる価値というのはあるよね。




もっともっと、いろんな選択肢とか、いろんな考えがあって良いんだよ♡
という世の中になれば良いなあと思うし、
そのためにも芸術って大切だと思うので、私が頑張っていくことで体現していきたい・・・そう思います。



最後まで読んでいただきありがとうございました♪


無料で3つのプレゼントもらえます

中学受験に始まり、私立最難関大学へ合格。
安定した企業への就職。
就職しながら自分の夢も追いかけて、これで人生最高!と思いきや、



・増える土日出勤
・そもそもの定時が変わる
・体力勝負の仕事内容



という現実に直面。
この仕事をずっと続けられるか?と言われれば、
答えは1つ、「ムリ」でした。



そんなときに、
インターネットを使った仕組み化に出会い
場所を選ばず働ける方法を実践中です。



メルマガでは
・超初心者さん向け、基礎知識
・インターネットに仕組みを作る方法
など、ブログ以上のこともお話ししてます。


今なら登録していただいた方全員に、
・インターネットビジネスの全体像レポート
・とりあえずサクッと1万円ゲットレポート
・周りの目を気にしてばかりの人生から自分で選んだ人生への変化レポート
をプレゼントしてます。

こちらから受け取ってくださいね。
無料で3つのプレゼントを受け取る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です