元金融機関OLの役者が考える、これからの生き方


こんにちは!三浦ありさです。



突然ですが、2025年問題って知っていますか?



わたしが金融機関で働いていた時、一番タメになったなあ〜と思うのは、「時代の変化」をリアルに感じることができたことでした。知識としても学ばせてもらったし、実際に自分よりも40、50歳も年上のお客さんもいるわけで、そういう人たちの過去の「記憶」や「実感」というのは一番、今との違いを感じるものでした。



なので今日は、そんな学びから得たこれからの私たちの生き方について考えたいと思います。



今20代・30代の人は、冷静に考えて50年くらい生きる可能性が高いので真剣に伝えますね。

2025年問題とは?


まずは、冒頭に書いた、2025年問題について!
なんかちょっと前までは、「2025年とかゆーてまだまだだし〜〜、そんなすぐ来ないっしょ★」などと思っていましたが、



もう来年はオリンピック!!!!早!!!!



2025年も、もう手を伸ばせば触れられそうなところまで来てるなあって感じです^^;(あら、その頃はもう30代に突入だわ!?)



2025年になると、「団塊の世代の人々が75歳になるよ」というのが、この2025年問題のそもそものお話なんですね。



団塊の世代というのは、戦後の第1次ベビーブームに生まれた世代で、ものすごく人数が多い世代。その人たちがみんな75歳以上=後期高齢者になるのが2025年です。現状、後期高齢者になると医療費は1割負担ですよね。(収入にもよりますが)



なので、今でもすでに国の負担している医療費がヤバイ!と言われているのに2025年になるとさらにヤバイ!!!というわけです(雑か)



もちろんそれ以外にも、年金・介護など、問題は山積みなんですよねえ。
(だからといって消費税増税して良いとは思ってません笑 でも今日はこの話はしません)

保険はマジですごい、でも


そもそも、日本は国民皆保険制度があるので、みんな何かしらの保険に加入します。わたしも、8月末までは会社の健康保険に入っていましたが、退社してすぐに国民健康保険に入り直しました。



これってすごくありがたいことだなあ、と思っています。何と言っても今年だけで胃腸炎2回と膀胱炎1回やっているのでね笑

これは、わたしが夏に膀胱炎をやっちまった時のリアル領収書ですが、お医者さんに診てもらって、その後お薬をもらって、合わせて1830円です。
もし、保険がなかったらこんな些細なことでも6100円とかかかるわけですよね。まじ落ち落ち膀胱炎にもなってらんないっす。(ならない方がいい)



だから、3割負担ありがたいなあって思うのですが、わたしが生まれた頃は実は健康保険って1割負担だったりとか、その後は2割負担の時期もあったそうです。



ということはやっぱり自己負担って少しずつ増えているし、実は「会社員の負担増を提案」なんてニュースも最近ありました。

時代は変わっていく

でね、医療費の自己負担も増えるかもしれない、定年ももっと伸びるかもしれない、年金もあんまりもらえないかもしれない・・・



めっちゃ心配だなって思います。



実際、会社で外回りをしていて思ったのは、60歳で定年になっても再雇用で働いている人ばかりだし、65歳どころか70歳でも働いてる人も珍しくないんですよ。仕事が大好きで働くのが楽しいなら最高だけど、でももちろんそんな人たちだけじゃない。



「働かないと食べていけない」って言ってる人もたくさんいます。



また、今70代・80代の女性は、結婚してから「専業主婦」って人も多いですけど、若い世代で「専業主婦」という人は本当に少ないです・・・。



だから、

私たちの定時も後ろにずらされるんだyo!!!!!

休日出勤推奨されるんだyo!!!!!!!!!!!


わかりますka!!!!!??????????




平成の途中くらいまでは、昼間の主婦に会うという前提で、わたしの会社は仕事をしていたのでね笑



それくらい時代は変わってきてます。まじ肌で感じすぎたよ。



ただね、「心配だ、じゃあ貯金頑張ろう!」っていうのもちょっと違くて。
外回りしてて思ったのは、貯金が理にかなっていたのは昔だけだなってことです。



多分、わたしが3年半で一番お客さんに言われた言葉は「昔は倍になったのにねえ」です。



何が倍かって??????



貯金だyo!!!!!!!!!!!!!!
(さっきからテンションがうざくてすみません。)



かつては、定期預金で10年預けておくと、元金が倍になって帰ってきたという時代があったのです。100万預けて10年経ったら200万です。1000万は2000万。
わたしはバブルが崩壊してから生まれているので、こんな時代は知らなかったし、最初聞いたときは耳を疑いました。



倍になるんだったら、もうそれは立派な資産だし、10円でも銀行に預けます笑



でも、今はもちろんそんなことはないわけで、なんならうっかりコンビニのATMでお金をおろしちゃって手数料取られるのが関の山です。



昔の人が貯金をせっせとするのは貯金をしたらこんなメリットがあったからなんだよね。
もちろん今も、最低限の貯金は必要だけど、でも「ただ置いといている」お金は増えもしないし、本当にただそこにあるだけ。



銀行も潰れる時代だし、将来は不安。
でも、だからこそ、できることを今のうちにするのが大切ですよね。

自分が変わる方が早い

変な話、こういう仕事をして、世代間のギャップを身にしみて味わったし、若い人からご高齢の人まで、お金のない人からある人まで、出会ったからこそ、真剣に考えよう、って思いました。



若いからいいっしょ!なんとかなるっしょ!じゃなくて若いからこそ先が長いし、社会が変わってくれるのを待つよりも自分が変わった方が早いなと。
しかもやりたいことがあるんだから、そのためにも考えなきゃって。



昔は良かったんだな、って悲観するのは簡単だけど、でも昔より良いことだってあるわけじゃないですか。それが、インターネットなんです。



お金がある人は、やっぱり不動産とか自動収入を持ってる人が多いし、お金を生み出す仕組みを持ってます。じゃあそういう人はめっちゃ忙しいのか?というとそうではなくて、むしろ昼間会えるタイプの人です。笑 基本家にいるし。



とはいえ、ちんちくりんなわたしが急にマンション持つとか、株で稼ぐっていうのは現実味がなく感じたけど、インターネット上に自分が働かなくても動いてくれる「仕組み」を作るのは、できるなって思ったんです。



それが一番現実的だし、これからを生きる希望だと思いました。



やっぱり時代は変わっています。昔みたいな生き方でこれからもずっと行けるかって本当にわからない。10年後の自分、20年後の自分、30年後の自分、想像してみてください。
だからこそ将来のことを真剣に考えて、行動に移すのが今の私たちにできることなんですよね。より良い未来を作りたいな、とそう思います。

無料で3つのプレゼントもらえます

中学受験に始まり、私立最難関大学へ合格。
安定した企業への就職。
就職しながら自分の夢も追いかけて、これで人生最高!と思いきや、



・増える土日出勤
・そもそもの定時が変わる
・体力勝負の仕事内容



という現実に直面。
この仕事をずっと続けられるか?と言われれば、
答えは1つ、「ムリ」でした。



そんなときに、
インターネットを使った仕組み化に出会い
場所を選ばず働ける方法を実践中です。



メルマガでは
・超初心者さん向け、基礎知識
・インターネットに仕組みを作る方法
など、ブログ以上のこともお話ししてます。


今なら登録していただいた方全員に、
・インターネットビジネスの全体像レポート
・とりあえずサクッと1万円ゲットレポート
・周りの目を気にしてばかりの人生から自分で選んだ人生への変化レポート
をプレゼントしてます。

こちらから受け取ってくださいね。
無料で3つのプレゼントを受け取る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です